MARK'S

HISTORY

2017
「マステ」ぬり絵ができるマスキングテープ発売(2月14日)
直営店舗の旗艦店「マークスタイル トーキョー GINZA SIX店」オープン(4月20日)
2016
デザイナーブランド「ポール & ジョー」のステーショナリーライン「ポール & ジョー ラ・パペトリー」をリリース(7月1日)
従業員数275名体制(7月1日)
直営店初の海外店舗「マークスタイル トーキョー パリ ル・マレ店」オープン(12月17日)
2015
パーソナルオーガナイザー「TOGAKURE」をリリース(1月30日)
"EDiT IDEA NOTEBOOK"「第24回日本文具大賞」デザイン部門優秀賞を受賞(6月16日)
従業員数270名体制(7月1日)
2014
第2世代「STORAGE.it」をリリース(1月15日)
従業員数270名体制(3月1日)
直営店事業、第2世代「グラフィア」 が神奈川・相鉄JOINUSにオープン(4月10日)
第2世代「STORAGE.it」 グッドデザイン賞を受賞(10月1日)
2013
従業員数270名体制に(3月1日)
リファインドプロダクツ『UROKO note』「第22回 日本文具大賞」デザイン部門グランプリを受賞。同賞受賞は2年連続(6月26日)
ONLINE MARK'S Inc.』リニューアル・オープン(8月1日)
マスキングテープの新ブランド「masté」をリリース(9月4日)
storage.it」 が ジャーマンデザインアワードを受賞(11月11日)
2012
従業員数230名体制に(3月1日)
マークスヨーロッパ フランクフルトオフィスを開設(3月1日)
表参道ヒルズに「MARK'STYLE TOKYO」をオープン(4月25日)
1日1ページ手帳"EDIT(エディット)"「第21回 日本文具大賞」デザイン部門グランプリを受賞(7月4日)
1日1ページ手帳"EDIT-Lite" グッドデザイン賞を受賞(10月1日)
2011
従業員数190名体制に(3月1日)
1日1ページ手帳「EDiT」をリリース(4月)
直営店事業・新業態『ÉDITO 365』を東京・新宿ミロードモザイク通りにオープン(4月8日)
香港に現地法人マークスアジアパシフィック設立(6月28日)
"storage.it""クリップカリキュレーター"が グッドデザイン賞を受賞(10月3日)
中国・深圳に中国物流センターを開設(12月1日)
2010
従業員数150名体制に(3月1日)
パリの老舗パティスリー・メゾン「ラデュレ」とのコラボレーション・ブランド『スクレ・ラデュレ by マークス』をリリース。
オンライン・ショップ「スクレ・ラデュレ by マークス」をオープン(3月1日)
直営店事業・新業態『Bonnes Fétes』を東京・アトレ恵比寿にオープン(3月12日)
2009
福岡市中央区に福岡オフィスを開設(2月20日)
従業員数140名体制に(3月1日)
韓国にディストリビューターを配置(4月1日)
2008
パリにセールス&マーケティング子会社として現地法人マークスヨーロッパを設立(1月7日)
パリ郊外に欧州ディストリビューションセンターを開設(1月18日)
従業員数130名体制に(3月1日)
2007
フランクフルト“paperworld”に初出展(1月)
従業員数80名体制に(3月1日)
パリ“Maison & Objet”に初出展(9月)
海外マーケティング事業を本格的に開始
2006
従業員数60名体制に(3月1日)
出版社「エディシォン・ドゥ・パリ」を子会社化。出版事業に進出(8月4日)
storage.it」をリリース。国内外で注目を集める
2005
従業員数48名体制に(3月1日)
大阪市中央区南船場に大阪オフィスを開設 (3月18日)
2004
インターネット通販サイト “オンライン・マークス” をオープン(6月)
EC事業に進出。従業員数30名体制に
2002
リテール事業に進出。従業員数15名体制に
1999
初のダイアリー&カレンダーコレクション “2000カレンダー&ダイアリー” コレクションをリリース
従業員数8名
1995
初の自社商材 “フォトメイラー”をリリース
ステーショナリー製造・卸事業に進出。従業員数4名
1986
株式会社メディアマジック100%出資のデザイン制作会社として株式会社マークスを設立
デザイン制作サービス事業を開始>
1982
株式会社マークスの前身となる編集制作会社、株式会社メディア・マジックを設立